Future Calling

volcanic ash

hose band

MDF

clamp

duct

audio cable

wire

spring

stainless pipe

acryl pipe

New interaction of interior element 30 years later -

Evolution of technology, changes in the environment, changes in society, various predictions about the future are fluttering, but none are uncertainty, so it is difficult to think of the future of designing them as materials. Already, machines are deeply involved with human beings by understanding human languages, recognizing facial expressions, and guessing sensations. What kind of thing is the design of era when such a highly evolving technology became a personal environment? In order to follow this rapid change, humans may be forced to merge with intelligent machines. In other words, it becomes a hybrid of biological intelligence and abiotic intelligence. At that time, the designer will enter an era when it is time to review "What is human being". For that reason, is not it necessary for future designers to tackle new interactions.

テクノロジーの進化や環境の変化、社会の変動、 未来に対しての様々な予測が飛び交っているが、どれも不確実性なため、 それらを材料にデザインの未来を考えることは難しい。 すでに機械は人間の言語を理解し、表情を認識したり、感覚を推測することで、 私たち人間と深く関わり始めている。 そうした高度に進化を遂げるテクノロジーが身の回りの環境となった時代の デザインとは一体どのようなものになるだろうか。 この急速な変化に追随するために、 人間は知性を持つ機械と融合せざる負えなくなるかもしれない。 つまり、生物的知性と非生物的知性のハイブリッドになる。 その時、デザイナーは「人間であることはどういうことなのか」を 再検討するべき時代に突入するだろう。 そのためにも、 新たなインタラクションに取り組むことが、 これからのデザイナーに求められるのではないだろうか。

© SOHMA FURUTATE DESIGN

SOHMA FURUTATE DESIGN