MASS

[shelf] w460,d460,h1750 

[stool] w630,d300,h500

[base] w1200,d300,h600

[flower base] w500,d100,h450  

metal

How to see, how to recognize. -

Human beings do not know the existence of things directly by senses, but recognize what they are by unconscious cognitive ability.

 

The elements of substances that are recognized in such circumstances can be divided into two types. One is the feature of en extent of space such as shape, position and movement. The other is called sensory characteristic such as color, sound, incense and taste.

And the significant point is that what consists the essence of things is the extent of space, not by the sensual characteristic.

 

I observe the relationship among materials and objects which include features of spatial spread such as shape, position and the tools of thinking such as experience , knowledge to find any abnormality that happened when they have been connected.

These are interiors whose purpose is to promote an act of identifying things by a sense.

 

“Mass” tried the most clear and direct approach to enhance human recognition through the element "form", which is the basic information of matter. The component of the 3D modeling in 3DCG software is a massless "0" object, which is composed of a surface with no thickness. I extracted the unrealistic phenomena and shapes in which the objects protrude surfaces, and thereby open a hole, and try to express them in the real world and 3D space we live in. The aim is to show object s that can be recognized in advance by details, not from use or shapes.

 

These interiors are proposal of new perception that shut out  experience and knowledge and capture things not as "uses" but as "elements". Our modern world is surrounded by machines and tools in everyday life and involuntary work is increasing due to close relationships with people. I believe that giving options for new perception, recognition, thinking can deliver new solution for mundane issue in our life.

人間は物の存在を感覚によって直接知るのではなく、自らの経験や知識などのデータを無意識に使い、自分の判断を見た物に介入させることで、それが何であるかを認識している。 そのような経緯で認識される物質の要素は二種類に分けられる。一つは形・位置・運動等の空間的な広がりの特徴。もう一つは色・音・香・味など感覚的な性質と呼ばれる特徴である。 そして、モノの本質を構成するのは空間的な広がりであり、感覚的な性質はモノの本質を構成するものではない。

私は、デザインの実践的な場である物質・物体(形・位置・運動等の空間的広がりの特徴)と、思考のツールである経験や知識との間の関係を観察し、それらが接するときの違和や齟齬からデザインの課題を探った。そしてこの一連のプロジェクトを”HOW TO SEE, HOW TO RECOGNIZE.”とした。 これらは、認識に先立ち感覚で捉える行為を促すことを目的としたインテリアエレメンツである。

『MASS』は、物質の基本的な情報である要素”形”から、認識というテーマに対しての最も明快で直接的なアプローチを試みた。3DCGソフトウェアでのモデリング機能の構成要素は、厚みのない面で構成された、質量の無い「0」のオブジェクトである。そのオブジェクト同士が交わったり、突き出たり、それによって穴が開いたりする非現実的な現象・形を抽出し、私たちの住む現実の世界、3次元空間への表現を試みた。存在し難くも用途や形からではなく、要素が先立って認識できるオブジェクトを目指した。 

これらのエレメンツは、経験や知識を遮断し、モノを「用途」ではなく「要素」で捉える視点の提案である。その行為は私たちが今まで見えていなかったモノの気づきを得ることや、モノの見方を再認識する機会を作ることが期待できる。現代は機械や道具が日常に溢れ、人と親密な関わりを持つことで無意識な作業が多くなってきている。そこに新たな知覚・認識・思考の余地を与えることで、私たちの生活はどう変わっていくのか。

PROCESS

© SOHMA FURUTATE DESIGN

SOHMA FURUTATE DESIGN